カンジダの検査方法は?手軽に調べるなら自宅OKの検査キット

カンジダ 検査

カンジダとは

 

カンジダというものを聞いたことがあるかと思いますが、これは性感染症の一つになります。特徴としては女性に多い性病であり、性行為によって移ってしまう場合がありますが、体内にある菌ですので一般的な性病とはまた少し違う病気になります。症状としては外陰部のかゆみや白いおりものが増加するといわれています。

 

また女性に多いとはいっても男性がかかることもあり、男性でしたら症状としては包茎の男性に出やすいとされています。本来かかっても男性は症状が出にくいと言われていますが、包茎の方は女性と同じようにかゆみなどが出ることがあります。

 

そもそもカンジダ菌というのはカビの一種により引き起こされる病気で有り、性感染や自己感染、また症状が起こるきっかけは体調不良などもあり、さらに性行為によって症状が悪化してしまうケースもあります。

 

また男性は症状が出にくいですが、もちろん全く出ないということではなく包茎、糖尿病、ステロイド剤の使用などで症状が引き起こされる場合があります。また具体的な症状は亀頭のかゆみ、ただれ、あかみ、白いカスの派生、水疱などがあり、尿道炎を引き起こしてしまうこともあります。

 

女性は症状が出やすいのですが、部位としては外陰部や膣にでます。かゆみやおりものの症状が多いのですが、それ以外にも痛みや排尿障害を引き起こしてしまうこともあります。簡単ではありますが、これがカンジダの症状や原因となりますので、とにかく症状が出たらすぐに医師に相談するようにしましょう。

 

カンジダの原因

 

カンジダ症と聞いてまず頭に出てくるのは女性の膣カンジダ、つまり性感染症であると頭に思い浮かべると思いますし、確かに女性の2割が経験あるとされているものになりますので当然だと思います。この割合を見ればいかに発生率が高いのかも分かると思いますし、さらに再発率も高いです。

 

またカンジダは女性の多いので女性だけの病気と捉えている方も多いのですが、そんなことはなく男性でこのカンジダ菌を保有している方も多くいらっしゃいます。ただ男性の場合は症状がほとんどなく、基本液に身体が健康な場合は特にこの菌が害を及ぼすということはありません。

 

じゃあ別に気にする必要はないと思われていますが、体調不良や疲労の蓄積により免疫力が低下してしまうと、この菌が働き始めて体に悪い影響を及ぼしてしまいますし、女性の場合は妊娠している際に発症しやすくなることもあり、さらに抗生物質を使用した治療の際などにも発症しやすいです。

 

症状に関してですが、女性の場合はヨーグルトのようなおりものが出たり、外陰部に痒みや痛み、赤みが発生してしまいます。男性はほとんど症状はありませんが、包茎の方は症状が出やすいので注意しておきましょう。また症状が出たら、とにかく身体を休めてリラックスさせて体調を整えるようにしてください。

 

身体をしっかり休めても全く症状が改善しないという場合には病院に行くようにしましょう。またあまり長引かせるということも避けるようにしてください。数日身体を休めてダメならすぐに行くようにしてください。

 

女性の性器カンジダの具体的な症状とは

 

カンジダ症というのは女性に多い病気ですが、このカンジダ症の中でも性器に症状が現れる性器カンジダ症の具体的な症状について説明します。

 

まず最も代表的な症状として挙げられるのが強い痒みになります。この症状が出る部位というのは外陰部や膣部であり、強い痒みになりますので、どうしても我慢出来ずに掻いてしまうことで、性器周辺に傷が出来てしまう方もいらっしゃいます。さらに外陰部にはむくみや赤みが出ることもあります。

 

そして痒みと共に代表される症状がおりものになります。これは白いおりものが増加するという症状であり、強い痒みとこのおりものの増加の症状が見られたらカンジダであると判断していいでしょう。またカンジダ症で増加するおりものは、ヨーグルト状のものが増加するとされております。

 

基本的に痒みとおりものの症状が多いのですが、それ以外にも性交の際の痛みや排尿障害を引き起こすこともあります。さらに放置をしてしまうと股分や外陰部の炎症の悪化、湿疹の拡大を引き起こしてしまい、再発するなどで慢性化してしまいますので注意しておきましょう。

 

そもそも性器カンジダ症の原因というのは、元々体内に存在しているカンジダ菌というカビの一種が免疫力の低下などによって働いてしまい、発症してしまいます。さらに免疫力の低下だけではなくピルの服用によって引き起こされることも多いので注意しておきましょう。とにかく症状が出たらすぐ病院に行き、さらに生活習慣を整えることが大切です。

 

男性の性器カンジダの具体的な症状とは

 

まず前提として知っていてもらいたいのが、性器カンジダ症というのは発生したとしても男性に症状が表れることはほとんどないといわれています。ですが場合によっては表れることがあるのでどういった方に表れ、どういう症状が出るのかについて説明します。

 

まず性器カンジダ症について少し説明しますが、これはカンジダ菌が原因になる性感染症です。女性はカンジダ菌が膣内に存在しており、体調不良などによる免疫力の低下などにより菌のバランスが乱れて症状が出てきてしまいます。その際に性交をすることで男性に移ってしまうことがありますが、性交による感染確率は約5%と言われています。

 

では男性がカンジダに感染したらどういった症状が現れるのかというと、基本的には症状はありません。ただ包茎、糖尿病、ステロイド剤を使用していたりすれば症状が出てしまうことがあります。ちなみに症状としては亀頭包皮炎が多く、これによって亀頭部に白いカスなどが出たりかさついたりする症状が出ます。

 

また包茎の方はカンジダ症にかかりやすいといわれていますが、その理由は亀頭が包皮に覆われていることによって雑菌が蓄積されやすい上に湿気も多いので包茎じゃない方と比較すると発症するリスクというのは高くなってしまうということを覚えておきましょう。

 

治療法に関してですが、基本的に抗真菌剤を塗布して治療を行うという形になります。男性だととにかく性器を清潔にする必要があります。つまり下着なども通気性のいいものを着用したりするといいでしょう。また石鹸などで洗う際にも出来るだけ刺激が強いものは避けるようにしてください。

 

カンジダの検査

 

膣カンジダ症の検査方法に関して知っていてもらいたいのですが、もしカンジダを発症してしまい、泌尿器科や婦人科によって診てもらう場合、どういう流れの診察になるのか説明します。膣カンジダとなると性器にも関わる病気になりますので、やはり普通の診察とは違います。ですので心の準備をする為にもある程度知っておくといいでしょう。

 

まず病院に行けば必ずといっていいほど行うのが問診です。自覚症状や服用している薬、過去の病気などについて聞かれます。ちなみに自覚症状などは隠したりせずに必ず全て答えるようにしましょう。次に膣鏡診が行われますが、膣内部にヨーグルト状のおりものなどが多くあったり、膣の内壁に赤みがあることが膣カンジダであるかどうかの判断基準になります。

 

そして膣内pHといって、そもそも膣カンジダ症というのはpH4.5未満を示し、トリコモナス症などはpH5.0以上を示します。7.0より小さければ酸性が強く、7.0より大きければある風攝ォが強くなります。7.0が中性だということを覚えておきましょう。また膣内から採取したおりものを顕微鏡で観察して確認する鏡検法、さらに分泌物を培養する培養法によりさらに検査をします。これがカンジダ症の一連の診察の流れになりますが、もちろん全ての検査などを行うかどうかは医療機関によって違います。

 

ちなみに男性の場合ですが、女性と同じ検査をします。ちなみに男性の場合は膣内の分泌物などは亀頭やその周辺から採取します。ちなみに一般的に検査をする上で多いものは顕微鏡を用いた鏡検法が多いでしょう。

 

自宅で簡単にカンジダ検査が可能

 

カンジダ症の検査というのは泌尿器科や婦人科で見てもらいますが、実は自宅で簡単にカンジダの検査をすることが出来ます。検査キットを利用する方法で利便性もありますし信頼性も高いので利用する方というのはどんどん増加しています。

 

検査キットとは何かというと、まず販売会社によってカンジダ検査キットを頼み、自宅や郵便局、コンビニなどで受け取ります。検査キットには綿棒と容器があり、男性のには綿棒を使って性器の皮膚をとり研究所へ送り返します。女性も綿棒を使って膣内の分泌物をとって研究所へ送り返します。これによって検査されて検査結果を知らせてくれるという流れになっています。キットだからといって信憑性が低いわけではありませんので、ぜひ心配であれば活用してみてください。

 

では検査キットによって何が出来るのかを説明しますが、もちろん性感染症の検査が可能になります。ただその検査結果が分かる以外のことは何もないです。例えばカンジダ症だと思ってカンジダ症の検査キットで検査をしたらカンジダ症じゃなかった場合、その違うという結果しか分かりません。つまりクラミジアだった場合、クラミジアであるということは結果として出てこないということになります。ここが自宅と病院の違いであり、病院でしたら別の病気であったらそれを調べてくれますが、検査キットではそこまで調べられないことになります。確かに病院に行くことは恥ずかしいことかもしれませんが、より詳しく知りたいのであれば病院に行くようにしましょう。

 

どういう人がカンジダになりやすい?

 

性器カンジダ症と日常生活には非常に深い関わりがあり、カンジダにならないのでしたら生活習慣の見直しが必要になります。そもそもどういった方がカンジダになりやすいのかについて説明します。

 

カンジダと聞くと性感染症というイメージを持っている方も多いと思いますが、実はカンジダ菌というのは皮膚、口腔、消化器、膣に存在している常在菌になります。つまり性交をしなくてもなにかしらのきっかけで、カンジダ菌が増殖してしまうと性器カンジダ症を引き起こしてしまうということになります。

 

ではどういうきっかけがあるのかというと、まず免疫力の低下となります。カンジダ菌というのは免疫力の低下によって活発に働いてカンジダを発症させます。風邪を引いていたり疲労が溜まっていたり、ストレスが蓄積されている時には注意が必要になります。
そして男性より女性が発症しやすいということも覚えておきましょう。生理前や妊娠中とういのはプロゲステロンという女性ホルモンが増加しることで膣内が酸性になり、その環境をカンジダ菌は好みますので増殖しやすくなります。かゆみなどが出てきたらカンジダを疑うといいでしょう。

 

さらに風邪などを引いて抗生剤を使用することでもカンジダ菌が増殖してしまうことがありますし、通気性の悪い服装をしている場合も、湿度などを好むのでカンジダを発症させてしまうかもしれません。さらにカンジダ症にかかっている場合、小さな傷が出来やすい状態になりHIVウィルスが侵入しやすくなります。そういうリスクも高まってしまいますので、とにかくカンジダを発症したら早めに改善するように心がけましょう。